人材募集

研究員募集

専任研究員または専任研究技術員募集

ATR認知機構研究所 認知神経科学研究室(DCN)では、人間の知性と適応性を支える認知と学習のメカニズムを解明することを目指し、計算理論・心理実験・脳活動計測を組み合わせた神経科学研究を行っています。この度、ニューロフィードバックによる脳内学習過程の解明に関するプロジェクトを実施するため、神経科学、認知心理学、生体計測を専門とする専任研究員および専任研究技術員を募集します。

■研究内容

自分自身の脳活動をリアルタイムに観察すること(ニューロフィードバック)による脳内での学習効果について、実験課題のデザイン、理論モデルの構築、非侵襲脳計測器(fMRI/EEG)を用いた検証実験を行います。 特に、効率的な学習を促す呈示法の開発、学習スケジュールの最適化、適切な比較対象群の設定、などを通じた学習理論ベースのニューロフィードバックの高精度化を目指します。プロジェクトでは、実験課題および計算モデルのプログラム実装、実験の実施補助、行動および脳活動データの解析を行って頂きます。

■応募資格

– (専任研究員)博士号取得者(取得見込を含む)または同等の研究実績を有する方で、神経科学、認知心理学、生体計測の中から二つ以上の専門性を持ち、統計的データ解析や信号処理の専門的知識と経験を持つ方

– (専任研究技術員)修士号取得者(取得見込を含む)または同等の研究実績を有する方で、神経科学、認知心理学、生体計測の中から一つ以上の専門性を持つ方

(共通)特に、EEGの計測経験(被験者への対応、計測器の準備・片付け等)がある方、心理士資格のある方を歓迎します。

■募集人員:

専任研究員あるいは専任研究技術員 若干名

■勤務条件・待遇等

職種 : 専任研究員もしくは専任研究技術員

雇用形態 : 契約、常勤,単年度契約:従事する研究開発プロジェクトの状況、および業績・成果等に応じて年度ごとに契約を更改し、処遇見直しや契約更新の可否判断を行います

給与・待遇 : 月額,会社基準による(経験、能力、実績を勘案)

通勤手当、住宅手当、各種社会保険の適用あり

有給休暇(規程日数を付与)、慶弔特別休暇、該当者には社宅制度あり

勤務時間 :1日 7時間30分  標準労働時間 9:00〜17:30

フレックスタイム制、コアタイムあり

完全週休二日制(土・日)、祝日、夏季休暇、年末年始休暇、創立記念休暇

勤務地 : 京都府相楽郡精華町光台2-2-2 株式会社国際電気通信基礎技術研究所内

■障がい者の方への配慮事項
設備:駐車場、多目的トイレ、玄関スロープ、 エレベータ(障がい者対応)、休憩室
自動者通勤可能
通勤時間・通院配慮可能(※フレックスタイム制度の範囲内で対応可能かご相談下さい)
車椅子への配慮
パソコンの環境設定
電話対応なし
残業ゼロ配慮
業務スピード配慮

その他、配慮が必要な事項について、別途ご相談ください

■応募書類

次の5点を郵送または電子メールにて下記書類提出先までご送付ください。

  1. 履歴書
  2. 研究業績リスト(特になければ結構です)
  3. これまでの研究あるいは業務の概要を記した文書(A4原稿1〜2枚程度)
  4. 推薦状2通

※ 応募書類は返送いたしませんので,予めご了承ください.

■選考方法:

書類審査の後、必要に応じてプレゼンテーションと面接を行っていただきます。

■着任時期:

可能な限り早い時期(時期は相談に応じます)。

■応募締切

募集定員が埋まり次第締め切ります。

■問合せ先・書類提出先:

〒619-0288

京都府相楽郡精華町光台2-2-2

株式会社 国際電気通信基礎技術研究所 脳情報通信総合研究所

認知機構研究所 認知神経科学研究室 研究員募集係

Email: opportunity-dcn(at)atr.jp

■個人情報について

当社では、いただいた個人情報につきましては、適正に管理を行い、採用目的のみに使用します。