News

VBMEGユーザーズミーティング2022開催

VBMEGユーザーズミーティング2022を2022年8月6日(土)に開催します。

詳しくは下記バナーをクリックしてご覧ください。

VBMEGユーザーズミーティング2022 2022年8月6日(土)

研究会:最新のEEG/MEG研究と電流源推定法の現在地

「研究会:最新のEEG/MEG研究と電流源推定法の現在地」のお知らせを掲載しました。

詳しくは下記をご覧ください。

研究会:最新のEEG/MEG研究と電流源推定法の現在地

研究員募集

研究員1名を募集中です。詳細は人材募集のページをご覧下さい。

複数種類データ・複数課題時の脳活動データセットを公開

同じ被験者の脳活動を現在利用可能な4つの脳活動計測手法で計測したリッチなデータセット 

MULTI-DIMENSIONAL SAMPLING OF INDIVIDUAL BRAINS (MULDS) : Multi-modal and multi-task human brain imaging dataset

を公開しました。研究用・教育用にご活用ください。

謝辞:このデータ計測は情報通信研究機構委託研究173番の一環として行ったものです。

脳活動を高精度に可視化するソフトウェアVBMEGをメジャーアップデート


脳活動を高精度に可視化するソフトウェアVBMEGをメジャーアップデート (2017年12月)
時間分解能に優れた脳計測である脳磁図(MEG)または脳波(EEG)と空間分解能に優れた脳計測である機能的核磁気共鳴画像(fMRI)との統合により、 共に高い時間・空間分解能で脳活動を可視化するソフトウェアVBMEG(Variational Bayesian Multimodal EncephaloGraphy)をメジャーアップデートしました((VBMEGウェブページ))。拡散MRIを用いたダイナミクス推定・信号伝達可視機能および、MEGと脳波 (EEG) の同時電流源推定法を実装しました。

研究員・研究技術員募集

研究員・研究技術員を募集中です。詳細は人材募集のページをご覧下さい。

研究員募集

研究員1名を募集中です。詳細は人材募集のページをご覧下さい。

下川研究員、Young Researcher Award (IEEE Computational Intelligence Society Japan Chapter)を受賞

3月15日 下川研究員は、 IEEE CIS(Computational Intelligence Society)の領域に関連の深い研究会・シンポジウムにて35歳以下の優れた論文発表者でかつ第一著者を表彰するYoung Researcher Awardを受賞しました。受賞対象は 「 近赤外分光計測における頭皮血流アーチファクト除去法」電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110,No.461,pp.395-400(2011)のもの。

脳活動を高精度に可視化するソフトウェアVBMEGを公開

株式会社国際電気通信基礎技術研究所 (以下「ATR」、社長:平田 康夫) 脳情報解析研究所 (所長:佐藤 雅昭)は、 時間分解能に優れた脳計測である脳磁図(MEG)と空間分解能に優れた脳計測である機能的核磁気共鳴画像(fMRI)との統合により、 共に高い時間・空間分解能で脳活動を可視化するソフトウェアVBMEG(Variational Bayesian Multimodal EncephaloGraphy)を公開いたしました(VBMEGウェブページ)。

公開の詳細については、こちらをご参照下さい。

開催案内:MEGとfMRIを統合して脳活動を可視化するソフトウェア「VBMEG」公開記念講演会

当研究室で開発してきた時間分解能に優れたMEG(脳磁計)と空間分解能に優れたfMRI(機能的MRI)を統合して脳活動を高精度に可視化するソフトウェア「VBMEG」を公開を機に講演会を開催いたします。詳しくは次のページをご覧ください。
https://bicr.atr.jp/2011/05/09/vbmeg0615/