News

プレスリリース: うつ病を脳回路から見分ける先端人工知能技術を開発

うつ病を脳回路から見分ける先端人工知能技術を開発 ~撮像施設によらず有効な脳回路マーカー・臨床応用に向け前進~

広島大学と共同で、異なる複数施設で取得したfMRIデータをハーモナイゼーション法に基づき統合、個人の脳回路に基づき健常者と大うつ病患者を判別する脳回路マーカーを開発した研究成果が、PLOS Biology誌に掲載されました。またXNef社による本件の臨床応用についても紹介します。

詳細はこちら

論文情報はこちら

Web Renewal

DCN webpage is updated.